×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手汗の治療・対策

手汗に悩んでいる人というのはちょっとした緊張などでも手のひらに汗が大量に出てしまう場合が多く、汗で本が濡れてしまったり人と握手するのをためらったりと日常生活にも支障が出てきます。にもかかわらず、手汗で悩んでも「気にしすぎだ」とか「単なる汗っかきなだけ」とその悩みを深く受け止めてもらえないことも多いようです。それでは実際に手汗とはそんなに気にする必要はないものなのか?何らかの手汗の治療法や対策があるんじゃないのか?これらの疑問に答えるためにこのサイトを立ち上げました。手汗に悩んでいる方が、このサイトから何らかの治療対策のヒントを得てくれればいいと考えています。

サイトトップ > 手汗の治療と外用薬(塗り薬)

スポンサードリンク

手汗の治療と外用薬(塗り薬)

手汗の治療で使用される外用薬(塗り薬)にはアルミニウム塩,サリチル酸,タンニン酸,ホルムアルデヒドなどが挙げられ、これらを水やアルコールに溶かして使用します。

手汗の治療に使用する外用薬で最も代表的なのが塩化アルミニウム液でしょう。

使用方法としては就寝前に汗を拭いてから手のひらに塗布し翌朝洗い流します。

これを毎晩実施し、治療効果が得られたら使用頻度を減らしていきます。

ただし、塩化アルミニウム液はさほど治療効果は高くないといわれており、さらに効果も個人差はありますが使用開始してから数日経過しないと現れないということです。

また、塩化アルミニウム液は皮膚刺激性があるため、塩化アルミニウム液を塗布すると皮膚がヒリヒリしたり痒くなったりすることがあるので、副腎皮質ホルモン外用剤を併用することもあるようです。





スポンサードリンク

手汗の治療一覧